証券会社に勤務していた義父の言葉/サラリーマンのための株式投資

バブル絶頂期に証券会社に勤めていた父の言葉

私の父は証券会社に勤めてました。
バブル絶頂期の頃、それはそれはびっくりするような金額を動かしていたので家で顔を合わせる事は週末あれば良いかなぁ・・・って感じでした。
なので月収も凄くて、そのおかげで私は私立の高校・大学へと通わせてもらい、家族旅行は毎年海外という生活をさせてもらってました。

 

私が結婚して初めてのお正月に旦那さんの実家へ行った時、話しも盛り上がりお互いの家の事や兄弟の事、家族の事などいろいろネタ盛りだくさんになってきた頃、義父が私の父の職業を痛烈に批判・・・

 

言葉では書けませんが、まぁ金融関係の仕事は汚いのだと言うのが義父の意見でした。

 

人からお金を預かり、上がれば良いけど暴落した時はその金額が吹っ飛んでしまうというギャンブル性の事を言ったんだと思います。

 

でもそのお金で私は生活させてもらってたし、父は証券会社でトップを毎回取って来る凄腕だったのも知ってたので、そんなに卑下される仕事なんかなぁ・・・と実状を見ていない人に批判される意味がさっぱりわかりませんでした。

 

世の中いろんな考えの人が居るもんだな・・・くらいに受け止めましたけど。

証券会社に勤務していた義父の言葉/サラリーマンのための株式投資関連ページ

分析の仕方
株式投資で勉強
サラリーマンの為の…
会社で気軽に買える株
円安で追い風の今こそ外貨預金!

ホーム サイトマップ