サラリーマンの為の株式投資の仕方/サラリーマンのための株式投資

サラリーマンの為の株式投資の仕方

アベノミクス以降、日本の株式市場も長期にわたる低迷を終え、急激な値動きを見せる様になりました。この様な状況下ではかつての様にデイトレーダーの方などが大きな利益を上げたり、逆に損したりしているのではないかと思います。

 

こうなって来るとやがて一般サラリーマンも株式投資をやってみようかと言う意識が芽生えてくるかもしれませんので、その際に役に立つのではないかと思う事を以下にご紹介してみようかと思います。まず、サラリーマンにとっては本業が大事です。

 

買った株の株価が気になってしまい、仕事が手につかなくなると意味がありません。従って株を買う際、半年間位の間、買った株の株価をチェックしなくても安心していられる様な安定収益を上げている会社の株を選ぶべきです。

 

そうすれば、その株式を所有している限り毎期不労所得を手にする事が出来ると言う、まるで打ち出の小槌を買ったも同然になります。打ち出の小槌株は長期保有していると必ず得をする株式ですし、また当てになりそうにない将来の年金を補完する存在となってくれる事でしょう。

サラリーマンの為の株式投資の仕方/サラリーマンのための株式投資関連ページ

分析の仕方
株式投資で勉強
会社で気軽に買える株
義父の言葉
円安で追い風の今こそ外貨預金!

ホーム サイトマップ